よく考えて施設を利用する

複数の人

支払い方法もチェック

静岡の有料老人ホームを利用し、生活が困難な親の面倒を、見てもらうことを考えている方もいるでしょう。その際、静岡の有料老人ホームを利用すると、かなりの金額を払わなければならないと勘違いしている方も、中にはいるかもしれません。実際のところ、施設を利用する際には、入居一時金として数百万円、場合によっては数千万円の金額を払う場合もあります。そもそも、入居一時金というのは、静岡の有料老人ホームで、長く生活を送るための権利を獲得できる、前払い家賃のことです。さらに、有料老人ホームの家賃の支払い方には、月払い方式や一時金支払い方式、併用方式といった3つの種類があります。一時金支払い方式に関しては、施設を出るまでの家賃を入居一時金として、一部あるいはすべてを払う仕組みです。そこで、家賃を入居一時金として先にすべて払っておくことで、施設を利用している間の家賃はかからずにすみます。そして、月払い方式については、入居一時金を払う必要はありませんが、ひと月ごとに家賃を払う仕組です。月払い方式は、介護保険や普段の生活にかかるお金もあわせ、毎月家賃を自分で払わなければならないため、ひと月で考えると多少高くなる傾向があります。また、併用方式というのは、月払い方式と一時金支払い方式を上手くあわせ、家賃を払う方法となっています。以上のことからも、入居一時金を必要とする、静岡の有料老人ホームについては、ひと月単位で考えてみると、むしろ安くなるということを理解し、施設選びをしましょう。

Copyright© 2018 老人ホームを活用しよう【サポート内容をチェック】 All Rights Reserved.